更新日:9月13日

思春期アレルギーっ子の保護者が集まりました。

中学1年生~大学3年生までの男の子(子?)のママさんたち。

数年ぶりにご参加の方もいらして、

「もうエピペン持たなくて良くなりました」など治療経過報告や、

入学当時給食対応でご苦労された方は、治療を進めつつ学校対応にしっかりと順応されてきたご様子。

たのもしい。。。


「食アレ経験のある子たちって、将来どんな道に進むんでしょう。進路ってどうですか?」

という、高2ママさんからなるほどの話題が出ました。

確かに気になる。

医療に興味を持ってくれたらいいとか、

食アレあると〇〇職は難しそうとか、

すでにお母さんの影響力が及ばなくなっているとか、

親に相談せずに自分で食品関係を選んだとか、

子どもの将来に思いを馳せ、盛り上がりました。

子ども達が成長すると母もすっかり強く変わっていて、なんだかとても嬉しく楽しかったです。

また、お待ちしています。

最新記事

すべて表示

9/11 土曜日夜のおしゃべり会

8か月ママさん 寝かしつけ成功とパパさんのご協力でご参加いただけました(^-^) 負荷試験で症状が出て大変でした、でも病院でやってみて良かった、と。 本当にそうですね、わかります。 6歳ママさん コロナ禍でアレルギーの事を人と話す機会が減りましたよね。 少しだけ気楽になれましたか? 本人クンとおねえちゃんが、ちょいちょいお顔を見せてくれました。 かーわいい! ママとおしゃべりする間、待っていてくれ

8/17 おしゃべり会

今回は生後4ヶ月の赤ちゃんのお母さんのご参加がありました。 赤ちゃんのお母さんは、もうすぐ始まる離乳食でアレルギーが出るかもしれないという心配をされていて、どうしたらアレルギーにならずに離乳食を進められるか、というお話でした。 医師による指示がある場合以外はアレルギーの心配があっても自己判断で離乳食は遅らせず、適切な時期が来たら始める方が良いとされています。 アレルギーに配慮した離乳食の進め方につ

土曜の夜のおしゃべり会

高校生と卒業して社会人が近い若者たちの保護者おしゃべり会でした。 小学生のママさんも「今後のために」ってご参加くださって、 参加してみてのご感想を伺ったら「そういえば私たちもそうだったよね」って 先輩たちは思い出しました。 みなさま、ご参加ありがとうございました。またお待ちしております。